魔王勇者

勇者「用件を聞こうか……」国王「おおっ、ミスター勇者!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/21(水) 21:45:50.88 ID:UCj5V9EP0
 王国の歴史は、200年前に魔族の長たる魔王を滅ぼし、
 民衆からの支持を得た一人の豪族が、自ら王となったことから始まった。

 しかし、およそ一年前に復活した魔王率いる魔王軍によって、
 王国は再び魔族との戦いを余儀なくされていた……。



─ 王国城 ─



国王「戦況はどうかね?」

軍団長「はっ、我が軍が優勢であります!」

軍団長「このままいけば、魔王城陥落の日も近いかと!」

大臣「ふふふ、当然だ。魔族など我々の敵ではない」

大臣「この200年で、我が王国がどれだけの進歩を遂げたことか!」

引用元: 勇者「用件を聞こうか……」国王「おおっ、ミスター勇者!」

続きを読む

魔女「ケガァァァァァ!!!」剣士「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/29(月) 21:30:45.77 ID:przov+RG0
~ 魔女の森 ~

剣士(この森に住むという魔女……)

剣士(ある者は、天使のように微笑む絶世の美女だったと陶酔し……)

剣士(またある者は、悪魔のように恐ろしい形相をしていたと恐怖する……)

剣士(森の近くにある町の人々ですら彼女を恐れ、正体をはっきり知る者はいない……)

剣士(──面白い!)

剣士(魔女の正体、この俺が暴いてやる!)

剣士(悪い魔女なら退治すりゃいいし、いい魔女ならお知り合いになってやる!)

引用元: 魔女「ケガァァァァァ!!!」剣士「!?」

続きを読む

魔王「女ってことがバレちゃったよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 15:57:11.00 ID:PyAq6MGM0
魔王「クフフ……美味だ」

部下「取れたての新鮮な人肉でございます」

魔王「しかし量が足りぬな。もっと持って参れ」

部下「ハッ!」

魔王「クフフ……」

バン!

部下「魔王様!城内に町民と見られる人間が侵入して参りました!」

魔王「なに?チッ、警備の者は何をやって……まあいい。丁度食後の運動をしたかったところだ」

魔王「私が出よう」

引用元: 魔王「女ってことがバレちゃったよ!」

続きを読む

王子「姫! 必ずまた会える! 絶対また会おう!」姫「はいっ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/05(月) 20:37:12.09 ID:ZIsm2rAW0
ある王国──

山道を走る馬車。

ガラガラガラガラ……

王子「本当にごめんよ、姫……」

王子「君との結婚式を控え、城に来てもらったとたんこんなことになってしまって」

王子「君にはなんの罪もないというのに……」

姫「いいのです、王子」

姫「私はあなたと一緒なら、それで幸せなんですもの」

引用元: 王子「姫! 必ずまた会える! 絶対また会おう!」姫「はいっ!」

続きを読む

魔王「僕と契約して僕になってよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/30(金) 17:14:59.30 ID:/qkAZpMg0
勇者「……」

魔王「やはり口調まで変えるべきではなかったか?」

魔王「ふはははは! 我と契りを交わし奴隷となるがよい!!」

勇者「駄目だこいつ……早くなんとかしないと……」

引用元: 魔王「僕と契約して僕になってよ!」

続きを読む

魔王「え、もう来たの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:34:38.43 ID:/oYoLwvh0
魔王「だって今朝出発したばっかでしょ、勇者」

側近「ええ、そうですね、確かに」

魔王「えええええ、冒険してないじゃん全然」

側近「そうですねぇ」

魔王「誰?ラストダンジョン初めの町の裏手にしようって言ったの」

側近「魔王様です」

魔王「ああああ、『まさかこんな近くに!?』って言わせる予定だったのに」

側近「あ、それは言ってますね」

魔王「え、マジで?」

側近「王様が」

魔王「勇者は?」

側近「『へー』と」

引用元: 魔王「え、もう来たの?」

続きを読む

魔王「テレビとはなんだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 19:47:21.14 ID:58k4mNPm0
魔王(動け…動け…)

魔王(動け…私の心臓…)

魔王(はぁぁ・・・)ドクンドクン

魔王「(動け……動け……動くのだ)

魔王「はぁああああああああ!」カッ

魔王「ふはははははは!皆の者!待たせたな!復活したぞ!」バッ

魔王「さぁ、皆の者!はじめるとするか!」

魔王「ふははは…は…は?」

魔王「?」

魔王「んん?」キョロキョロ

魔王「私が復活したのに誰もおらんとは…」

引用元: 魔王「テレビとはなんだ?」

続きを読む

側近「お早うございます、魔王様」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 00:20:27.00 ID:tfvd4f1x0
魔王「ふぁ……ああ、お早う」

魔王「うーん、どんくらい寝たかなぁ」

側近「368年と311日です」

魔王「今回は結構長かったね」

側近「ですね」

魔王「と、すると今回でいよいよかな」

側近「これで悲願達成となればいいのですがねぇ」

引用元: 側近「お早うございます、魔王様」

続きを読む

戦士「勇者を倒せば俺が勇者になれるはず」

引用元: 戦士「勇者を倒せば俺が勇者になれるはず」

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
アクセスランキング
アクセスランキング
  • ライブドアブログ